攻殻機動隊 Virtual Reality Diverの作成を発表、Oculus Riftで視聴可能なティザー版も

人気の記事
Pocket

攻殻機動隊 Virtual Reality Diverの制作が発表

outline_img

東京ゲームショウ2015 プロダクション・アイジー ブースにて『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』ティザー版をドームシアターで上映

コンピュータグラフィックスや音響効果によって“仮想現実”をつくりだす、バーチャル・リアリティ(VR)。

1968年にアメリカの科学者、アイバン・サザランド博士によって提唱されたその概念に、40年の時を経て、私たちはようやく追いつきました。

今年、世界中で多種多様なVRデバイスがリリースされ、バーチャル・リアリティの波が世界中に広がる中、本プロジェクトは最先端の「VRドーム」「VRデバイス」を駆使し、従来のVRとは一線を画す仮想空間を、“電脳内”に再現。

VRが高度に発展・普及する『攻殻機動隊』の世界をこの世界の最新VRによって体感するという、新体験の創造に挑戦します。

参加者はこの仮想空間において、これまでにない、未知の感覚に襲われるでしょう。

その目と、脳幹で、新しいバーチャル・リアリティ、VR2.0を体感してください。

近日、Oculus Riftでティザー版(3分間)の無料配信を決定しています

2015年冬に完全版の配信を決定、Google Play、Apple Store共に480円です

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA