Leap MotionとOculus Riftを使ってARでウィンドウを操作する

人気の記事
Pocket

Leap Motion hack using Oculus Rift offers augmented reality computing interface

Leap Motionは数年前から発売してるけど、あんまり普及してないですが、ここ数ヶ月の間に何人かの開発者は最終的に主流になりそうなVRHMDと一緒に使う方法を考えました

2lpmtn9807

フローティングメニューに電話、電子メール、チャット、ビデオのアプリケーションの様なアイコンからカレンダーアプリを選択しています

3lp7078

その後、ビデオを再生

動画を見たら、Oculus RiftとLeap Motionでthe未来って感じのインターフェースだった、目の前にウィンドウがいくつも開いて、目の前に出てくる手でアプリケーションを操作したり(当然Leap Motionで操作するんだけど)、拡大(ウィンドウを手を開く感じで操作)、縮小、スクロール(スマホみたいに)をする、ウィンドウを両手で押し込むと消えるとかそんな動きをしてた

こういうインターフェースになったら、そもそも今のWindowsの様なインターフェースじゃなくARに特化した使いやすいインターフェースが出てきて、それを作った会社が大儲けするんだろうな

これが当たり前の世界になったら、下のほうにキーボードが出てきてそこで文字を打てるようになるのか、それとも全部音声認識で行うのか、できれば俺が生きてるうちにそんな世界が実現できてくれたらいいなぁ

でも、今のゴーグル型のガジェットだと、一般的に外に付けて出れないし、PCの性能問題があるので持ち運びが難しいってこの点を解消してくれたら劇的に変わっていくんだと思う。

今のスマホでOculus Riftを軽々動かすことが可能な性能になるんだろうか?

それは何年後なんだろう?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA